【会見どうなる】篠原常一郎の小室佳代氏刑事告発は受理される?婚約は延期か

結婚どうなる 篠原常一郎 小室佳代 告発 受理 会見 婚約 延期

先ほど速報が入ってきまして、ジャーナリストの篠原常一郎氏が小室圭氏の母・小室佳代氏を刑事告発しました。情報収集中ですが、こちらはすでに東京地方検察庁が受け取ったとされています。

東京地検特捜部に今日中に渡されるとのことで、次の段階としては特捜部で検討し、捜査・告発として進めるかどうかが判明するとのこと。

告発状として「受理」されるかどうかが次なる段階といったところですが、今日の時点で受け取りはされた(そもそも受取拒否もある)ということであり、告発されたことは間違いありません

これを受けて、今月予定されていた結婚や会見、その他の日取りはどうなるのか検証していきます。

ジャーナリスト・篠原常一郎が小室佳代氏を刑事告発

今回、小室佳代氏を詐欺罪で刑事告発したのは、ジャーナリスト・篠原常一郎氏です。告発上を東京地検に提出したのは10/6、すでに2日経っているにも関わらずテレビなどで報道されていないのが少々不気味に感じました。

下の動画で、実際に篠原氏が告発状を提出してきたという実況が行われています。

また、その日の夜に篠原常一郎氏の口から、どのような経緯で、どのような罪で刑事告発したのかを説明している動画もアップされています。

次の章で簡単に告発内容を要約します。

篠原常一郎氏による小室佳代氏告発状の内容

今回、篠原常一郎氏が提出した告発状の内容は下記になります。

  • 遺族年金不正受給(現在進行形)
  • 傷病手当不正受給(眞子との婚約者内定発表後)
  • 合計2000万円以上の詐取

これら2つの事案により「詐欺罪」で刑事告発状を提出したとのことです。

もう少し詳しく見ていきましょう。

遺族年金不正受給

今回の刑事告発では2つの詐欺罪を挙げられています。一つ目の不正が、「遺族年金不正受給」です。

小室佳代氏は、夫(小室圭氏の父親)の自死から約半年で別の男性と同棲をスタートさせていたそうです。遺族年金を受け取りながら、ひとつ屋根のしたで生計を共にすることは不正受給にあたるとのこと。

これに関しては事実婚にあたるため、失権手続きを行い、受給しないよう執り行われなければなかなかったようです。

ちなみに、これまで元婚約者のA氏との金銭トラブルも何度か問いただされてきましたが、婚約者にあたる男性から実質的に金銭援助を受けていたことがそもそもグレーゾーンみたいです。

遺族年金の不正受給は全部で2,000万以上にあたります。

傷病手当不正受給

結婚どうなる 篠原常一郎 小室佳代 告発 受理 会見 婚約 延期

引用:https://news.line.me/issue/oa-jisin/ebx26csb6n26

そしてもうひとつが、比較的最近報道された傷病手当不正受給です。

現在も勤務を続ける洋菓子店から、傷病手当を受けながら軽井沢の知り合いの喫茶店で住み込みで働いていたとのこと。週刊新潮から出たニュースです。

約1年半に渡り2つの勤務先から給与を二重で受け取っていたとのことで、こちらも詐取にあたるそうです。

現在は「預かり」の段階であり、「受理ではない」

ここで注意しておきたいのは、篠原氏が刑事告発状を提出したのが10/6。そのときには「東京地検特捜部に今日中に渡される」と伝えられたとのこと。小室圭さんと眞子さまの結婚会見が26日に迫っているため、検察官も急いでいる様子だったとのことでした。

ちなみに現段階では「預かり」という段階であり、まだ「受理」ではないそうです。正式に受理されると捜査がはじまります。

つまり、検察官が受理した段階で本格的な操作がはじまります。

こちらに関して篠原常一郎氏は、「かなり信憑性の高い資料を提出した。これで捜査されなければおかしい」と断言していました。

今後の結婚会見、入籍などの日程はどうなる?

結婚どうなる 篠原常一郎 小室佳代 告発 受理 会見 婚約 延期

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/4d8e1d9d9e3d255a4587259b66e68efcaf6e14ab

気になるのは、今月予定されていた眞子さまと小室圭氏の結婚会見に、今回の刑事告発がどのような影響を与えるかどうかです。

少なくとも、刑事告発状が受理されるかどうかの結論が先に出るかと思うので、事が動くとしてもまずはその進捗を待ってからになるでしょう。

ただ、篠原常一郎氏が最初にアップしていた動画のなかで「刑事告発状を提出した時点で、今回の結婚会見について小室親子は無関係ではいられない」と言っていたとおり、さすがに刑事告発状を無視して結婚会見を強行することはできないと思われます。

また、今回の詐欺罪がどこまで検察で取り扱われるのかが全く見えておらず、国民が息を呑んで進捗を見守っているような形になっています。

宏洋三代目復活のメインチャンネルでは「これはかなりの高い確率で有罪になる。やばい」という見解を示していました。

篠原常一郎氏によると、今回の告発状の提出に関して、国会関係者も同席するなどかなりの厳重体制で臨んでいるようなので、検察側も一筋縄ではいかない模様です。

ちなみに現段階ではマスメディアはこのことを報道していません

どのような動きになってくるか、大きな注目が集まっています。