【ネット投票】指名選挙で高市早苗に一票投じたのは丸山穂高!TwitterとYoutubeで募集していた

指名選挙 高市早苗 丸山穂高 Twitter Youtube

本日行われた次期総理指名選挙で、岸田内閣が誕生しました。投票結果の発表のなかで1票だけ高市早苗氏に入っており、会場がどよめき笑いが起こったといいます。この1票は誰だ?と話題になっていますが、どうやらネットでの噂は丸山穂高氏のようです。

先日、本人のTwitterとYoutubeで「誰に投票すべきか」ということで募集をかけており、その結果、最多得票数を獲得していたのは高市早苗氏でした。

そのため丸山穂高氏が高市氏に1票投じたようです。この有言実行が話題になっています。この記事では、今回の高市早苗氏への投票の経緯と、丸山穂高氏のこれまでの行動を振り返ってみます。

指名選挙で高市早苗に一票投じたのは誰?

指名選挙 高市早苗 丸山穂高 Twitter Youtube

引用:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6406090

4日の衆院での首相指名選挙で、自民党の高市早苗政調会長が「予期せぬ1票」を得たと話題になっています。異例の出来事だったので会場はどよめき笑いが起こっていました。

衆院本会議、記者団に囲まれて取材を受けた際には、

「(投票したのは)私じゃありませんよ。私は岸田文雄様と書きましたから。私じゃないからね」と記者団に語った。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/7ccdf2f169827927225718d9f719c7a47039d3b9

と言っていました。

「ま、どなたが書かれたかわからないですが、また頑張ります。なんて言ったらいいんでしょうね。ちょっとびっくりしました」

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/7ccdf2f169827927225718d9f719c7a47039d3b9

とも。

そもそも、指名選挙でこのような事態となることは珍しいのでしょうか?

指名選挙は万票が当たり前に?

指名選挙 高市早苗 丸山穂高 Twitter Youtube

引用:https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210922/mca2109221600016-n1.htm

総理大臣選挙(内閣総理大臣指名選挙)では、衆議院と参議院のそれぞれで記名投票が行なわれます。

先日の自民党総裁選では野田聖子氏、河野太郎氏、高市早苗氏、岸田文雄氏が立候補していましたね。9/29に議員投票・開票が行われ、岸田文雄氏が27代自民党総裁に選出されました。

自民党総裁選を経て首相指名選挙となりますので、この場合、ほぼ100%自民党総裁選を勝ち抜いた人物が選出されます

ですが、今回の票開票で高市早苗氏に1票投じられていたため、予測不能の事態に会場がざわついたということです。

ただ、これは、「自民党総裁選を勝ち抜いた人物が選出される」ことが常習化しているだけであり、他の人に票を投じてはいけないということではない。

なので、異例の事態ではあるものの、ルール違反などということもない。異端ということですね(笑)

会場にいた高市早苗氏は、名前を呼ばれた瞬間に「いやいや!(私じゃないよ)」という風に手を振っていました。自分で入れたのでは?と思われかねないですもんね。

指名選挙で高市早苗に一票投じたのは丸山穂高氏

指名選挙 高市早苗 丸山穂高 Twitter Youtube

引用:https://twitter.com/maruyamahodaka/status/1444112500648153088

さて、次に気になるのは、誰が高市早苗氏に投票したのか?ということ。これは、無所属・丸山穂高氏でした。

ご本人のtwitterやYoutubeでも発信しているので間違いありません。

やはりマスコミなどから相当連絡が来ているそうで、そのための発信用としてYoutubeがアップされています。

ではどういう経緯で、丸山穂高さんが高市さんに票を投じることになったのでしょうか。ことの発端は、丸山氏が事前に首班指名をTwitterで募集していたことに遡ります。

この結果では、約4割の投票結果によって高市早苗さんがトップだったようです。

丸山さんは、上記の結果をうけて約束どおり高市早苗さんに投票しました。ネットでは「有言実行!」という声が大きく、賞賛の声が相次いでいる話題になりました。

丸山穂高氏は高市早苗氏と政策と合う

丸山さんは、高市さんへの1票についてYoutubeで自分の声で意図を話しています。

今回の件はもちろんTwitterやYoutubeでの投票をもって有言実行したということになりますが、そもそも丸山さんは高市さんの政策に賛同しているとのことです。

自分の考える政策に最も近いということで、最後まで応援していたようですね。

話を聞いていると、ずいぶん高市さんのことを信頼しているように見受けられました。同時に、「岸田政権はそんなに長くないのではないか」という自身の見解も示していました。

もう一度高市さんのチャンスも来る、と言っていましたので今後の活躍にも期待していきたいですね。