河野太郎が一般人のTwitterをブロックする訳は?ツイートが面白い一方でトランプ要素も

河野太郎 Twitter ブロック 理由 面白い トランプ

2021年総裁選に出馬意向を固めている自民党の河野太郎氏。河野太郎さんといえば話題になるのはやはり「Twitter」。

ユーモアある投稿を続けるため若者からの支持が厚い一方で、エゴサをして一般人をブロックするという行動も見受けられます。

良くも悪くもTwitterで話題になりがちな河野太郎氏が、一般人のTwitterをブロックする理由や国民からの不安の声をご紹介していきます。

河野太郎氏が一般人のTwitterをブロックしまくり?

河野太郎さんは、ソフトバンクの孫正義さんに勧められて2010年にTwitterをスタートしました。2019年頃からユーモアある投稿が人気を博する一方で、「誹謗中傷にあたるものはブロックする」と発言しています。

実際に河野太郎さんにTwitterをブロックされたという人は多数みうけられます。

どうやら河野太郎さんは、自分のアカウントに攻撃をしてくる人ではなく、わざわざエゴサーチをしてブロックしているようです。

Twitterのブロックに関しては、河野太郎さんご自身はこのように答えています。

「道を歩いているときに見ず知らずの人にいきなり罵声を浴びせたり、そんなことしませんよね。ツイッターも私は同じことだと思うんです。いきなり見ず知らずの人を誹謗(ひぼう)中傷するような人と、ツイッターで会話をする必要も感じません。ですから、そういう人はブロックする」

引用:https://mainichi.jp/articles/20210211/k00/00m/010/227000c

と、河野太郎さんは「匿名でひとをいきなり誹謗中傷してくる人とSNSで会話はしない」という意見を表明しています。

批判の声を「見ないようにする」姿勢に疑問の声があがる

河野太郎 Twitter ブロック 理由 面白い トランプ

引用:https://www.sankei.com/article/20210905-AMS66PGOPVLN7NPORBKLWZ3FPY/

現在236万人のフォロワーを有する河野太郎氏。政治家のなかでは圧倒的なインフルエンサーであり、Twitter上では一般のひとと冗談を言い合うなど若者人気も獲得しています。

その一方で、自分にとって都合の悪い発言などは片っぱしからブロックする行動に疑問の声をあげる人も少なくありません。

SNSというのは本来使い方も自由であり、発言も自由。そのためもちろん河野太郎氏がなにを発言しようと、誰をブロックしようと規定上の問題はありません。

ただし国民感情からいえば、SNSという誰もが対等に意見を交わす場において、「政治家が批判的な意見を持つ一般人をブロックする」という行為にたいして疑問を持つ人がいるのもまた、仕方がないことだろうと思います。

いち政治家としては看過できても総理大臣向きではない?

河野太郎 Twitter ブロック 理由 面白い トランプ

引用:https://www.newsweekjapan.jp/mochizuki/2021/05/post-6.php

ここで疑問をかんじるのは、やはり河野太郎氏のなかでのTwitter利用が「公的利用」なのか「私的利用」なのかという部分です。

これまで河野太郎氏はこのように発言をしていました。

多くの方にツイッターをフォローしてもらうと、その中で外交的な話を出して読んでもらえた、という部分がありましたので、できれば自衛隊の活動や安全保障政策について、あるいは、防衛省について情報発信を織り交ぜていきたいと思っています。私のツイッターは元々暇つぶしで始めたものですから、これだけフォローしてくれる方が増えましたので、それを使わない手はないなと思っております

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/be14fe2fdf4ab5b0b90b28277dc38244360d19b1?page=1

つまり、政治的な発信をすることで自身の活動を理解してもらう知ってもらうといった目的があることは確かな一方で、「批判的な意見には耳を傾けるつもりはない」という意思も表明していることになります。

やはりここが曖昧なため、「河野太郎は批判してくるTwitterはブロックする」という部分だけがフューチャーされてしまっているようです。

連日、岸田さんがテレビの発言のなかで「国民の声が政治家に届いていない」という懸念から、岸田ノートを付けることによって国民の声を拾ってきたことを明かしています。

そういった意味で、河野太郎氏のSNSで一般人をブロックするという行為が、選挙によくない影響を及ぼす可能性は充分にあり得ます。

これまではいち政治家でしたのでTwitterブロックもひとつの話題でしかありませんでしたが、「国民の声に耳を傾けないひとが総理大臣には向いていない」というネットの声は日に日に増しています。

河野太郎氏はトランプに似ているという指摘も

河野太郎 Twitter ブロック 理由 面白い トランプ

引用:https://eiga.com/news/20210122/10/

これまで見てきたとおり、自身への批判的な態度にたいして耳を傾けず強気が姿勢を貫くところが「トランプに似ている」という指摘をするメディアや一般の意見もあります。

たとえばこのような声も。

また、べつのメディアではこのように指摘。

自らの意見と合わないフォロワーへのブロックを連発し、さらにメディアを「フェイク」「デタラメ」と批判する河野太郎行政改革相(自民、衆院神奈川15区)。

新型コロナウイルス感染拡大の切り札であるワクチンを担当することにもなったが、そのコミュニケーションは「トランプ氏的」であると識者は指摘する。

引用:https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/konotaromp-2

他者意見を排除しようとする動きがSNS上で見られる河野太郎氏。その一方で、ネットやSNSでは若い世代を中心に人気が定着しているのもまた事実です。

どう転ぶか総裁選出馬以降に動きが気になるところですね。