キンコン梶原雄太が吉本興業退社?怒りの理由と今後の活動への影響は

キンコン梶原雄太 吉本興業 退社 怒り 理由 今後 活動 影響

お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太さんがYoutubeを更新し、ゲストで相方でもある西野亮廣さんにたいし吉本興業への怒りをぶつけました。「今回は本当に怒っている」ということで、生々しく吉本への不満をオープンにした動画にコメントが相次いでいます。

この件で西野さんが「もう辞める?」と迫るなどのやりとりもあり、西野さんに次いで梶原さんが辞める可能性も否定できません。

今回の記事では、キンコン梶原さんになにが起きたのか、退社の可能性、今後の活動についてまとめます。

キンコン梶原雄太が吉本興業にマジ怒り

キンコン梶原雄太 吉本興業 退社 怒り 理由 今後 活動 影響

引用:https://youtu.be/f-_U5PuF7pQ

今回、キンコン梶原さんがアップしたYoutube動画では、所属事務所である吉本興業への怒りを禍々しく公表しました。

経緯は以下です。

  • 梶原さんがYoutubeの企画でルミネthe吉本の楽屋を使いたいと願い出たがNGだった(コロナ感染症対策)
  • そのため「貸切で撮影をするから」と交渉するも、コロナ対策の徹底のためNGだった
  • 梶原さんは「感染対策のためであれば仕方ない」と諦めた
  • しかしその後、ルミネに出演した演者とファンが楽屋で写真撮影しているSNSを発見
  • 梶原さんが激怒→よしもと興業に抗議し話し合い中

という流れです。

つまり、吉本興業は梶原さんのyoutube撮影には「コロナの感染症対策」という名目でルミネを使わせなかったが、出演者である芸人には楽屋にファンを入れるなどの対応をしていたことが判明した、ということです。

それに対し梶原さんが激怒。

ちなみに西野さんとのやりとりではこんな一幕も。

西野

吉本の方針を知らない芸人が勝手に楽屋に入れたとかじゃないの?

と諭すと、

ありがとうございます。調べました。

梶原

スタッフがめっちゃ案内してた!!!

梶原

と再度反論。現場のルミネのスタッフがしっかり楽屋にファンを案内していたとのことです。

梶原が楽屋NGされたのは1年以上前のこと

これにたいし西野さんは、

西野

吉本のコロナ対策の方針が現場の人間に浸透していないだけじゃないの?

と吉本工業を庇う発言をしますが、梶原さんがいうに

だって俺が楽屋NGされたのって1年以上前よ!?浸透していないとかの問題じゃないでしょ!!??

梶原

と反論します。

1年以上前からルミネtheよしもとに対するコロナ対策を徹底していたならば、浸透していないはずがないというのが梶原さんの言い分です。

さらに、吉本に抗議すると「ちょっとだけだから」と返されたそうです。

コロナ対策するなら徹底しろよ!

梶原

とさらに激怒。

梶原さんはこの件をうけて「嘘をついて欲しくない」とも語っており、相方の西野さんが吉本を退社したことが理由で、キングコングをルミネに入れたくないということが本音であれば、「そう言ってほしい」とも語りました。

吉本興業退社の可能性も示唆

キンコン梶原雄太 吉本興業 退所 怒り 理由 今後 活動 影響

引用:https://post.tv-asahi.co.jp/post-96976/

動画のなかで梶原さんは「吉本興業には恩があるから返すまで退社はしない」と明言するも、その一方でさらりと「今回の件であれこれ言われたらわからんけど」という風にも言っていました。

この件で、現在吉本興業に抗議をして、チーフプロデューサーより上の人たちと話し合い中とのことなので、本当に怒っているのだなということが伝わってきました。

今回の件で伝わってきたのは、

  • 吉本興業は梶原さんのYoutube活動を快くは思っていない可能性がある
  • そのため、ルミネを使わせることでカジサックのYoutube撮影に協力したくないのではないか
  • もしくは相方の西野さんが退社したことで梶原さんが少なからず会社から否定的な目で見られている可能性がある
  • 梶原さんそのものを「ルミネに入れたくない」と思っている可能性がある

梶原さんの話からは、これらの可能性があることを見て取れました。

自社の芸人がYoutubeで収入源があることを良く思っていない可能性は大いにあり得ると思われますね。会社の副業もそうですが、やはり本業に集中してほしいと思うものなのでしょうか。

カジサックの今後の活動への影響はある?

現時点では「退社はしない」と発言する一方で、「俺こんな怒ったことないよ」と言ったり、別の芸人さんが楽屋にファンを入れている証拠写真をスクショで撮っておいたり、吉本興業の上層部と話し合いの場を設けていることを考えると、

梶原さんが本気で怒っていることはまず間違いなさそうです。

吉本、頼むよ。ちゃんとしてくれよ

梶原

と最後は穏便に動画をしめていますが、話し合いの結果次第では吉本興業の対処も視野に入れそうな勢いです。

吉本興業の対応次第といったところですが、テレビやマスメディアと同じくらいYoutubeが台頭してきていることを考えると、会社側も対応が問われる時代になってきていますね。