後藤田正純議員に共感と「まとも」の声!家系図は?後藤田正晴の甥として注目

後藤田正純議員 共感 まとも 家系図 後藤田正晴 水野真紀

東京五輪・パラリンピック組織委員会会長を辞任した森喜朗前会長が、組織委員会の名誉最高顧問に就任する案が浮上し、世論から疑問の声が続出しています。この事態にたいし自民党の後藤田正純議員が自身のTwitterで怒りの声をあげました。

ようやく今回のオリンピックに対する混乱に意見する政治家が出てきた!ということで後藤田正純議員に共感する声が集まっています。また後藤田正純議員は政治家家系(後藤田正晴の甥)ということで若い頃から注目されてきました。

今回は後藤田正純議員への「まともな意見」といった共感の声をまとめ、後藤田正晴さん含めた政治家としての家系図を解説します。

後藤田正純議員が「まとも」!?共感の声まとめ

2020オリンピックでは直前に組織委員会の森会長、開会式プロデューサー、クリエイターの辞任が相次ぐドタバタ劇となっています。せっかくの東京オリンピックにも関わらず、国内では連日疑問と批判の声が続出しています。

そんななかで政治家として初めて叱咤の声を挙げたのが今回の後藤田正純議員でした。政治家対世論という構図が出来上がりつつあるなかで、議員として声を荒げてくれた人がいたことに、国民から安堵と共感の声があがっています。

いくつか代表的なものをご紹介させていただきます。

このように、

  • やっとまともな議員が現れた
  • よく言ってくれた!
  • 応援したい
  • 一般人の気持ちを代弁してくれた

という感嘆の声が続々集まっています。そのなかで、「大叔父の後藤田正晴も立派だった!」「彼のお父さんも応援していた!」などの声も多数見かけました。

後藤田正純議員は政治家家系で、お祖父さんや叔父さんも政治家だったようです。特に大叔父の後藤田正晴さんは非常に有名で求心力のある方だったことがわかりました。次に家系図を見てみます。

後藤田正純議員の家系図

ざっくりではありますが主な家系図を簡単にまとめました。

青い文字が後藤田正純さんご本人、後藤田正純議員から見て父にあたるのが後藤田圭博(ごとうだ よしひろ)さん、曽祖父にあたるのが後藤田増三郎(ごとうだ ますざぶろう)さん、叔父にあたるのが後藤田正晴(ごとうだ まさはる)さんになります。

それぞれの代表的な経歴をご紹介いたします。

父・後藤田圭博

後藤田正純さんの父、後藤田圭博さんは東京大学医学部を卒業し、消化器系の癌研究所に入所。その後東京大学病院文部教官助手、結核研究所入所、調布東山病院開設と医学会で活躍を続ける。医療法人社団東山会理事長に就任し、70歳で心不全で逝去。議員一家においては珍しい医師として活動した。

曽祖父・後藤田増三郎

後藤田家は、15代続く庄屋の家柄。後藤田増三郎は、自由党の壮士として出発し、徳島県議会議員、麻植郡会議長などを務めた。製造業を営みながら県議会委員を務めた地元では有名な政治家だった

大叔父・後藤田正晴

後藤田家の家系で最も著名なのが後藤田正晴氏で、後藤田正純の大祖父にあたる。警察長官まで上り詰め数々の難事件に携わる。一度は退官したものの、当時の田中角栄首相に資質を買われて内閣官房副長官となる。62歳で政界に進出し衆議院選に当選。総務庁の初代長官を務める。「上役に忖度しない、行動する、筋が通らないことは譲らない、派閥をつくらない。」警察長官〜内閣官房長官を務めるまで一貫した人間性と姿勢が信頼を築き、引退時には「これほど高い評価を受けた政治家は少ない」と語られる存在であった。

本人・後藤田正純

慶應義塾大学卒業、三菱商事勤務、衆議院議員として活動。現在は内閣府大臣政務官を務める。

代々地元の名士家系であることが分かります。特に後藤田正純議員の大叔父にあたる後藤田正晴氏は有名な政治家で、いまだに語り継がれる求心力のある人物だったようですね。

日本では引退後の政治家がいまだに高い評価を受けていることは非常に稀なことであり、後藤田正晴さんはその代表格。「今の日本の政治家に決定的に足りない存在」と揶揄されるほど、屈強な意志と理念を貫いた人物でした。

後藤田正晴の甥「後藤田正純」として注目される存在に

後藤田正純議員 共感 まとも 家系図 後藤田正晴 水野真紀

引用:https://pdmagazine.jp/

良くも悪くも日本の政治家は天下りが横行しているため、政治家の家系は先祖代々から政治家であることが多いです。後藤田家もそうですし、小泉家もそうですよね。

先述したとおり政界内外から歴史的な高い評価を受けていた後藤田正晴の甥として常に注目を浴びてきた後藤田正純議員。

現在は衆議院議員を務めていますが、今年5月にSNSで「知事と県議がなれ合い、責務を果たしていない」と発言をして批判したことから全県議会と真向対立し、県議会の多数決により自民党の非公認として受け入れました。

東京生まれ東京育ちであることから地方の利権や馴れ合いを理解することができず、かつ辛辣にストレートに発言する性格からも県議会との良好な関係を結べずにいるようです。

しかしそういった不器用で忖度しない性格が大叔父である後藤田正晴氏を彷彿とさせることや、昨今の政治家に足りない資質として強く支持されている一面も併せ持ちます。

また今回の東京オリンピックでも国民の声を代弁してくれたとして注目が集まっており、年齢もまだ若いことからも「これからの日本を背負う存在になってほしい」という期待を感じます。

妻・水野真紀という圧倒的なスペック

後藤田正純議員 共感 まとも 家系図 後藤田正晴 水野真紀

引用:https://kanki-pub.co.jp/

また、少々余談にはなりますが、後藤田正純議員の奥様はかの有名な女優「水野真紀」さんなのです。これは知りませんでした・・・!!過去には文春砲によるスキャンダルもあったようですが、大きな問題に発展することはなく夫婦円満。

ひとり息子さんもいらっしゃるということで一児の父でもあります。

水野真紀さんも実家がお金持ちという噂はかねがねありますので、お見合いや政略結婚などの可能性も大いにありますが、いずれにしても煌びやかな政治家家系であり、奥様も超有名女優ということで申し分のないスペックです。

政治家としてはまだまだ若くこれからが期待される方ですが、政界内には目には見えない嫉妬(?)もありなかなか動きづらい部分もありそうですね。

まとめ

後藤田正純議員にたいする共感の声まとめ、政治家一家の家系図、大叔父・後藤田正晴氏について、そして昨今の注目度についてまとめてまいりました。余談では奥様が水野真紀さんであることも触れました。

2020東京オリンピックでは開会式前から関係者の不祥事や失言、過去の不適切な発言により多くの重鎮が相次いで辞任したことで、より一層国民の政治家への不信感が募っています。

そんななかで、国民ではなく「いち政治家から」このような厳しい言葉が出たことに対する安堵と、未来に対する一縷の期待が大いに伝わってきました。

コロナ禍で大阪府知事も大変評価されていましたが、これからの日本をつくっていくであろう時世代の若手政治家に期待したいところですね。。。!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA