GACKTはコロナに感染か?キプロス出張の目的とマレーシア在住の意味は?

GACKT コロナ 感染 キプロス なぜ マレーシア 現在

歌手のGACKTさんが持病の悪化による体調不調で無期限の活動休止を発表しました。幼い頃に神経系疾患を患っており、それが原因とされています。

一時は命に関わる状態に陥ったというほどの危ない状況で、クランクイン直後の「翔んで埼玉」も撮影中止となっているそうです。

芸能界でも影響が大きいGACKTさんの突然の活動休止に国民が驚きを隠せません。その一方でGACKTさんはコロナに感染しているのでは?という噂もあります。

反ワクチンだったそうで、コロナが理由の活動自粛に対しても懐疑的だったとか。今回の記事では、GACKTさんはコロナに感染しているやマレーシア在住の意味とキプロス出張の目的を調べてみました。

「GACKTはコロナに感染しているのでは?」という噂

GACKT コロナ 感染 キプロス なぜ マレーシア 現在

引用:https://news.yahoo.co.jp/

GACKTさんの活動休止をうけて、ネットでは悲しみの声が多くあがる一方で、こんな声も多くあがっていました。

つまりGACKTさんはコロナに感染していたのでは?という噂です。ちなみにGACKTさんの事務所側は「新型コロナではありません」と発表しているため、もちろん表向きにはそのようになっています。

ではなぜそのような噂が立つのか、これまでのGACKTさんの言動から調べてみます。

GACKTはアンチコロナ・反ワクチン発言を繰り返していたそう

そもそもGACKTさんは自身のライブ配信でこれまでコロナやワクチンにたいして懐疑的な姿勢を示していたようです。

「まあまあまあ、皆さん、ちょっとコロナよくないすか? もうあんまり神経質になることやめないですか?」

「コロナコロナって言ってますけどね。もう風邪ですよ、これ。風邪。例年ね、風邪で亡くなるかたもいっぱいいるわけですから」

「もう有名人の誰が感染したとかやめませんか? いまさら。別に誰が感染しようが、ニュースにする必要あります? クソですよ、これ」

「これ世界的な仕掛けがありますよね。誰が得してるかって話なんですけどね。どなたが儲かるんでしょう。どの国が儲かっているんでしょうか。考えてみてください」

引用:https://www.news-postseven.com/archives/20210908_1689973.html/2

といった発言を何度も行なったいたようです。おそらくGACKTさんはアンチコロナ・反ワクチン派であったのではないかと推測されます。

そのため「本当はコロナにかかっているけど、これまでの発言の手前公表できないのはないか?」という憶測が飛び交っています。

以前GACKTさんが「コロナはただの風邪」発言をした際にひろゆきさんが論破したとされる動画が残っていましたので、興味のある方は見てみてください。

海外渡航でコロナ感染したのでは?という憶測も

引用:https://dot.asahi.com/dot/photoarticle/2019112700092.html

現在ニュースで発表になっている、

・8月6日、所用のため滞在していたキプロスから帰国

・主治医がいて活動拠点でもあるマレーシアに戻り

という文言を見ていると、GACKTさんが直近でも海外を行き来していたことがわかっています。

海外の変異株の新たな感染も見つかっているので、長時間のフライや渡航中に感染してしまったのでは?という見方もされています。

以下、9/8午前8:00時点でのキプロスのコロナ感染者数です。

GACKT コロナ 感染 キプロス なぜ マレーシア 現在

人口が1369万人で毎日約3,000人が新規感染している東京と、人口約80万人で毎日約600人が感染しているキプロス。割合でいうと、実はキプロスのほうが人口あたりの感染者数が多い計算になります。

さらに、キプロスは地中海東部にあるキプロス島という島国です。

GACKT コロナ 感染 キプロス なぜ マレーシア 現在

引用:https://www.travel-zentech.jp/world/map/Cyprus/index.htm

この国で東京よりも感染者数割合が高く、かつ島国となればいかに危険かは想像に難くないはずです。

GACKTさんは所用で8/6までキプロスにいたということで、先程のグラフでいうと感染者数のピーク時にキプロスにいたということになります。

そもそもなぜ海外渡航?マレーシアとキプロスの意味は

そもそもなぜGACKTさんはキプロスやマレーシアに行っている理由はなんだったのでしょうか?

キプロス、マレーシアでそれぞれ目的は違うと思うのでまずはマレーシアから。

GACKTさんは2012年とかなり前からマレーシアに移住しています。つまり、活動拠点そのものが日本ではなくマレーシアなのです。これは有名なお話。

GACKT コロナ 感染 キプロス なぜ マレーシア 現在

引用:https://www.oricon.co.jp/news/2088940/full/

体調を崩してからも「主治医がいて活動拠点でもあるマレーシアに戻る」と報道されているように、マレーシアのクアラルンプールがもはや彼の住まいであることを匂わせています。

次にキプロス。目的は明らかにされていませんが、「仕事で」と名言しているのであればおそらく投資関係で行き来していたのではないかと推測されます。

キプロスには「黄金パスポート」とよばれる投資プロジェクトが存在しています。

キプロス政府は2013年に「キプロス投資プロジェクト」を発表した。これによると、不動産購入などの形で現地に少なくとも220万ユーロ(約2億7000万円)を投資し、犯罪歴のない外国人は、その黄金パスポートを申請できる、つまりキプロスに帰化できるという。キプロスのパスポート所持者は26のEU諸国に出入りし、そこで働く自由も保障されている。

引用:https://diamond.jp/articles/-/251965?page=3

GACKTさんはかなりの富豪として知られていますので、上記だけとは限りませんが、なんらかの形でキプロスに投資を行うビジネスをしていたのではないでしょうか。

キプロスは、資産の安全な移転先を求める中国の富豪たちの間で大きな注目を浴びている国でもあります。

アンテナが高く知識も豊富なGACKTさんもまた例外なく、キプロスに資産の移転を行なったのかもしれません。こちらに関しては公になっていないので、あくまで情勢を加味した憶測です。