【東京パラ開会式】入場曲の曲名は?BGMがかっこいい!DJ徳永啓太のプロフィールも

東京パラ開会式 入場曲 BGM 曲名 DJ 徳永啓太 プロフィール

東京パラリンピックの入場曲がかっこいい!と話題になっています。オリンピックとはまた違った雰囲気でテクノっぽいリズムでしたね。

この入場曲を担当したのはDJ徳永啓太さんといいます。彼もまた先天性脳性まひにより、電動アシスト車いすを使って生活しています。

この記事では入場行進曲BGMについての情報と、DJ徳永啓太のプロフィールについて書いていきます。

パラリンピック開会式の入場行進曲BGMがかっこいい!

8/24に開催されたパラリンピック開会式で、選手の行進入場曲がめちゃくちゃかっこいいと話題になっています。

曲は非常に注目されていますが、誰が演奏していたのかも気になりますよね。

パラリンピック開会式の選手入場曲はなに?

そんな大好評の開会式の入場曲、プレイリストを求める声が続出しています。

ところで入場曲、曲名はなんでしょうか?

という声がありました。くるりの「青い空」はこちら。

一方でこんな声も。

Serphのミュージックはこちら。テクノポップな感じが似ていますね。

最後にこんな声も。

Orbitalの楽曲はこれ。

おそらく今回の入場曲は、パラリンピック用に制作された楽曲だと思うので、まだ未発表かと思われます。

ですが良い意味で既視感があり、馴染みがあり、程よくテンションのあがる曲で本当に素晴らしかったです。

DJ徳永啓太のプロフィール

引用:http://hero-x.jp/article/4577/

入場曲の途中で一瞬映ったDJの少年がいましたが、彼が入場曲のDJを務めた徳永啓太さんです。

DJ徳永啓太さんについて見ていきましょう。

1987年生まれ、愛媛県出身の33歳、徳永啓太さん。

先天性脳性麻痺により車椅子を使用しており、原宿coconogaccoでファッションデザインを学んでいました。

2017年にはジャーナリストとして独自のメディアを立ち上げる。ファッションと多様性を軸にしたジャーナリスト、DJやモデルも兼業。2018年VOGUE WORLD SELECT 100 STREET STYLE に選ばれるなど、幅広く活動しています。

徳永啓太さんを調べていると「ファッションジャーナリスト」という肩書きがついていました。

今回のパラリンピックの開会式ではDJを務めていましたが、普段は幅広く色々な活動をしていることがわかりました。

プレイリストが公開になる可能性もあるので、今後の情報にも注目していきましょう!