マッチング系アプリ

【2020年】ギャラ飲みアプリの人気おすすめはどこ?ギャラ飲み徹底比較

港区を中心に話題を集めているギャラ飲みをご存知でしょうか?

人気のギャラ飲みですが、実際に始めようと思うと、どうやってギャラ飲みに参加すればいいのか、いくら稼げるのか、危なくないのかなどアプリも比較しないとわからないと思います。

今回ご紹介するギャラ飲みサイトの中でも特におすすめしたいサイトを比較したいと思います。

ギャラ飲みアプリとは?使うメリットと魅力

「ギャラ飲み」とは男性から参加してくれた女性に謝礼(ギャラ)が支払われる飲み会のこと。お金をタクシー代として支払われる場合もあることから別名タク代飲みとも呼ばれています。

ギャラ飲みアプリですが、基本的には、自分もギャラ飲みを始めてみたいなと思ってもどうやって始めればいいのかわからない方も多いと多いですが、アプリを使えば簡単です。

男性も女性もマッチングしてギャラ飲みができるので、とても魅力的でメリットだらけです。

時給は各アプリ・サイトごとのルールによって決められています。

男性からの評価によって時給がアップする可能性があるところもギャラ飲みの魅力。

ギャラ飲みでは、各種お手当も用意されています。

① 支給前提タイプ:セッティングの段階で支給が約束されている

② 当日支給タイプ:飲み会の楽しさで当日に支給を判断する

こからは、おすすめのギャラ飲みアプリ・サイトをご紹介したいと思います。

1位 pato

皆さんは「ギャラ飲み」という言葉をご存知でしょうか?

実は今エンタメ系のマッチングアプリ『pato』で、飲み会に参加してお金を貰うというサービスが流行っているのです。

patoはギャラ飲みを仲介するサービスのアプリなんです!

  • 24時間365日の監視体制
  • ギャラ飲み女性へのサポートが手厚い
  • トラブルがあった際の対応がしっかりしている
  • 自分で時給が設定できる
  • 友達と一緒にギャラ飲みに参加できる
  • 女の子を呼べる地域が業界最多(稀に海外も)
  • 深夜手当あり
  • キャンセル保証あり
  • 送迎あり

例えば、「男だけで飲み会しててもむなしいから女の子を呼びたい!」って場面ありますよね?そんなときも、登録をしているキャストを呼べばいいだけ。

アプリをインストールすると、指定の場所・人数を伝えるだけで最適な登録キャストを派遣してくれるのです!

現に今キャバクラなどで男性を楽しませることをお仕事にしている人は、かなり向いているし効率的に稼げるような気がします。

登録だけでもしておけば、条件によって飲みにいくかどうか判断出来るので、まずは気軽に始めてみてください!

patoの運営者情報とハイステータスで余裕のある人向けのサービス?

Pato/運営会社
運営会社 株式会社キネカ
会社所在地 〒106-0032 東京都港区六本木3丁目18−2−15
男性登録者数 25,000人以上
女性登録者数 800人以上
時給 4000円〜20,000円
対応エリア 東京・埼玉・横浜
名古屋・神戸・大阪・広島・岡山・福岡・沖縄

patoは基本的に富裕層の人やハイステータスで余裕のある人が、楽しく食事をするために人を呼ぶというアプリなんです。

容姿が優れている・一芸を持っているなど、優れた要素があればそれだけでpatoのキャストに登録できるようになっています。

エンタメマッチング Pato パト
エンタメマッチング Pato パト
開発元:Kineca Inc.
無料
posted withアプリーチ

2位 bubble

サービス名 bubble(バブル)
サービス内容 マッチング,メッセージ,ビデオ電話,キャストデリバリー
システム 時間課金
女性料金 無料
男性料金 30min/2,750円〜(ポイント制)
地域 関西
年齢層 20代半〜30代半
女性時給 2,750円〜

メディアなどで多く取り上げられ、認知度がぐんぐん上がり今話題になっている「ギャラ飲み」。

多くのギャラ飲みサイトやアプリがある中で、2020年夏にリリースされた注目のギャラ飲みサービス『bubble(バブル)』もおすすめです。

bubble(バブル)』は料金設定が比較的安く、男性が利用しやすいのと、女性の場合は、とにかく予約が入りやすいというところ。

現在は関西が中心で、主に経営者や医者、弁護士、会計士、投資家などの富裕層・お金持ちの方々の遊びとして開催されることが多いので、自然と上記のようなお金持ちの方々が普段から飲んでいるエリアでの開催が中心になっていますよ!

お店は会員制のバーや、個室のあるカラオケバーなど、一般の人の目の触れない場所がよく使われます。また開催時間は主に平日の21時〜26時ごろがピークとなっています。

キャスト側は、大学生や20代のOLさん、上は30代の方が多く参加しています。また、ビデオチャット機能もついていて、このコロナ時代の中、直接会うのが少し不安な人、いきなり知らない人と会うのが不安だという人も気軽に利用できるようにもなっています。

bubbleのLINE友達追加登録をする!

3位 Dineオトナの画期的なデーティングアプリ

運営会社 (株)Mrk&Co
料金 【男女どちらか】6500円
年齢層 【男性】25〜45歳
【女性】23〜30歳
特徴 まずはデートをしてみる
目的 カジュアル
  • 目的があるのですぐにデートが決まる
  • メッセージが苦手な人でも大丈夫
  • お店を選ぶ手間が省ける
  • 今夜会える人を探せる
  • 面倒なデート場所のセッティングもDine側が調整。Dineリクエストを送るだけでデートへのお誘いが完了したことになり、あとは相手の合意を待つだけの手軽さで利用可能。

dine」は、ギャラ飲み・デーティングアプリの一つで、次世代型のデーティングを提案してくれるアプリです。

レストランデートを軸にしたデーティングアプリ「Dine」を提供するMrk & Coは、「実際にデートできること」にフォーカスし、マッチングしたユーザーのレストランデートをサポートしています。

2016年にアメリカ・カナダでリリースされたデーティングアプリで、その人気の高さから2017年11月に日本でもリリースされた新しいアプリです。

「100回のメールよりも1回のデートを」がコンセプトのDine。他のマッチングアプリと違い、いいねを送るのと同時にデートのお誘いをするので、マッチング後すぐにデートの日を決めるので最短でデートまで持っていけます。

飲み会というよりもデートですが、シックな飲み、カップルになることを期待している人に向いていて、ほぼメッセージなしでデートできる今までにない画期的なアプリです。

Dine(ダイン):デートにコミットするデーティングアプリ
Dine(ダイン):デートにコミットするデーティングアプリ
開発元:Mrk & Co
無料
posted withアプリーチ

他にもある!ギャラ飲みとその他の飲みの違いとは?

サービス名 時給 特徴
ギャラ飲み 3,500円~
20,000円
ノルマがなく自分のペースで友達と楽しみながら稼げる。
普段男性会員とのやり取りがいらない。
お酒が飲めないと稼ぎにくい。
キャバクラ 2,400円~ ノルマがある場合もある。
指名がないと稼ぎにくい。
売れっ子になれば大きく稼げる可能性がある。
衣装やメイクに気をつかう。
普段から男性への営業が必要。
ガールズバー 1,900円~ 20代前半の女の子が多く、その年齢を過ぎると働きにくい。
職場によっては立ち仕事。
普段から男性への営業が必要な場合もある。

上記の表でもわかるようにギャラ飲みのメリットは、普段から男性に営業をかける必要がなく、呼ばれたときに行くという気軽さ。

さまざまなギャラ飲みサイトがありますが、選ぶ時に1番重視すべき点は安全面。

そして男性側からしても、バーやキャバクラなどのお店ではなく、完全プライベートで女性を呼ぶことができて、飲み会ができることがメリットです。

ここで紹介しているサイトやアプリは安全に利用できるものばかりなので、まずはサイトを覗いてみましょう。

まとめ

  • 男性

登録女性が多いため呼んだらすぐに女の子が来てくれる
アプリやサイトを通した決済

  • 女性

ギャラ飲みの案件が最も多い
運営のサポートがあるので安心安全
アプリのある会社はアプリ販売の審査を通過しているから安全
報酬が確実にもらえる

ギャラ飲みは、それぞれこれだけのメリットがあります。

今回は特におすすめのギャラ飲みアプリをご紹介しました。

また、ユーザー数だけではなく、ギャラ飲み女子とギャラ飲み男性の間にアプリやサイトの運営が仲介に入るので、トラブルがあった際や不明点があった際も対応してくれます。

金銭のやりとりも仲介してくれるので、女性が報酬がもらえないという心配もありません。

ぜひ参考にしてみて、ギャラ飲みを楽しんでみてはいかがでしょうか。